相続クイズ

福岡天神の波乗り行政書士 海と仕事のブログ

福岡の起業・会社設立・創業融資・営業許可申請・企業法務・契約書作成をサポート 行政書士たのなか事務所。波乗りも楽しんでいます。
土・日・祝日及び夜間(夜10時まで)も対応!!
「起業・会社設立」「建設業許可」「各種営業許可」
 お気軽にご相談ください!(事前予約制です。)



お電話はフリーダイヤルをご利用ください。


●行政書士たのなか事務所の公式ブログ 福岡で起業・会社設立・ビジネス法務を支援する行政書士のブログ
●契約書作成のご依頼・ご相談なら   契約書からはじめるリスク管理~契約書作成.biz福岡
●起業・会社設立のご依頼・ご相談なら   会社設立サポートオフィス福岡
●建設業許可取得のご依頼・ご相談なら   福岡の建設業許可をサポート


2010年11月16日

相続クイズ

次の場合、法定相続人及相続分はどうなるでしょう?


【答え】

 妻(配偶者) = 1/2

 長女(子)  = 1/4

 長男(子)  = 1/4


【解説】

相続人は、配偶者(妻、夫)と血族(子、親、兄弟など)の
2つに分かれます。

配偶者は常に相続人となり、血族は次の順位で相続人となります。

第1順位 子   

子がいない場合は…

第2順位 親   

子はいない、親もすでにいない場合は…

第3順位 兄弟姉妹

これが基本。


なので、今回のケースでは、配偶者と子が相続人となります。




配偶者と子が相続人の場合の法定相続分は、

配偶者 1/2    子 1/2 

なので、今回の場合は…


 妻(配偶者) = 1/2

 長女(子)  = 1/2×1/2 = 1/4

 長男(子)  = 1/2×1/2 = 1/4


子は何人いても、その相続分(今回のケースでは全体の1/2)を

その頭数で割ることとなります。




ちょっと簡単すぎましたね。icon10


これから「シリーズ化」する…かもしれない、相続クイズの基本編です。

しばらくは頻繁に出題できると思います。face02


こまめにチェックして、相続の基本を覚えよう!



遺言・相続に関すること、お気軽にご相談ください。
行政書士たのなか事務所

お問い合わせフリーダイアル



同じカテゴリー(遺言・相続)の記事画像
遺言(公正証書遺言)作成
同じカテゴリー(遺言・相続)の記事
 遺言(公正証書遺言)作成 (2010-10-04 11:28)

この記事へのコメント
相続税も守備範囲だったんですね
入江家の家系図がさっぱり分からないんですよね・・・
書いてくれと頼んでも、義理父・母ともさっぱりで・・・(笑)
良くお店に親戚だと名乗る方が来てもさっぱりで・・・
Posted by iriekiriek at 2010年11月19日 23:02
>>iriekさん

名門いり江家。調べ甲斐がありそうですね~。

遺言相続業務は、まったく宣伝してませんでしたが、なぜか依頼が

けっこう来る不思議な業務です。


近々宣伝も開始してみようかな~
Posted by たのたの at 2010年11月20日 20:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。