資本金って…

福岡天神の波乗り行政書士 海と仕事のブログ

福岡の起業・会社設立・創業融資・営業許可申請・企業法務・契約書作成をサポート 行政書士たのなか事務所。波乗りも楽しんでいます。
土・日・祝日及び夜間(夜10時まで)も対応!!
「起業・会社設立」「建設業許可」「各種営業許可」
 お気軽にご相談ください!(事前予約制です。)



お電話はフリーダイヤルをご利用ください。


●行政書士たのなか事務所の公式ブログ 福岡で起業・会社設立・ビジネス法務を支援する行政書士のブログ
●契約書作成のご依頼・ご相談なら   契約書からはじめるリスク管理~契約書作成.biz福岡
●起業・会社設立のご依頼・ご相談なら   会社設立サポートオフィス福岡
●建設業許可取得のご依頼・ご相談なら   福岡の建設業許可をサポート


2009年11月30日

資本金って…

「資本金って、つかってもいいんですか?」

意外とよくある質問です。


資本金というのは、会社が事業を始めるための元手として

出資したお金。

当然、事業のためなら、使用してもよいお金です。

逆に、これを活用して利益をあげるのが会社の役割なので、

使わなければ(活用しなければ)いけないお金とも言えます。


当初500万円の資本金で会社を設立すると、その後増資・減資

などしない限りは、会社の履歴事項証明書(会社謄本)上では、

資本金は500万円のまま、決算書上も500万円のままと

なっているので、「とっておくべきお金なのか?」と、勘違い

されやすいのかもしれません。


資本金500万円で会社を設立した場合、会社の持っている資産の

状況をあらわしている貸借対照表は、

資産負債・純資産
現金預金     500

資本金       500

(純資産合計)   500
資産合計     500負債・純資産合計500


会社には500万円のお金があって、これは資本金です、ということ。


次に、経費200万円を現金で支出すると、まずは、事業でいくら利益が

あがっているかを示す損益計算書上では


売上高      0

売上総利益   0

販売経費   200

経常利益  △200

当期純利益 △200


となり、これが貸借対照表に

資産負債・純資産
現金預金     300

資本金       500
利益剰余金  △200
(純資産合計)   300
資産合計     300負債・純資産合計300



と、反映されます。


資本金自体はそのままの数字ですが、利益剰余金というかたちで損益が

反映され、会社の純資産としては300となった。 という表示となります。


もともと500万あった資本金が、どのように使われて、その結果、

これだけ純資産が増えました(あるいは減りました)というふうに

記録されていくこととなるので、資産が増えても、減っても、資本金

自体の数字が変わるわけではないのです。


う~ん…   こんなふうな説明だと、ますますわかりにくくなるような

気がしますね… 混乱したら、すみません。



クリスマス企画実施中!




にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 

 

福岡の会社設立をサポート



福岡の建設業許可をサポート




同じカテゴリー(会社設立)の記事画像
電子公証システム切り替え
消費税の改正
事務所の賃貸借契約
111111
新社長誕生!
1日会社設立
同じカテゴリー(会社設立)の記事
 電子公証システム切り替え (2012-01-06 08:13)
 消費税の改正 (2011-12-08 12:41)
 事務所の賃貸借契約 (2011-11-30 00:29)
 111111 (2011-11-11 21:11)
 新社長誕生! (2011-09-27 20:47)
 1日会社設立 (2011-07-12 22:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。