会社の経理

福岡天神の波乗り行政書士 海と仕事のブログ

福岡の起業・会社設立・創業融資・営業許可申請・企業法務・契約書作成をサポート 行政書士たのなか事務所。波乗りも楽しんでいます。
土・日・祝日及び夜間(夜10時まで)も対応!!
「起業・会社設立」「建設業許可」「各種営業許可」
 お気軽にご相談ください!(事前予約制です。)



お電話はフリーダイヤルをご利用ください。


●行政書士たのなか事務所の公式ブログ 福岡で起業・会社設立・ビジネス法務を支援する行政書士のブログ
●契約書作成のご依頼・ご相談なら   契約書からはじめるリスク管理~契約書作成.biz福岡
●起業・会社設立のご依頼・ご相談なら   会社設立サポートオフィス福岡
●建設業許可取得のご依頼・ご相談なら   福岡の建設業許可をサポート


2009年11月24日

会社の経理

今日は、起業サポートプランご利用のお客様、ご来所いただきました。

今回は、会社の経理についてのご指導。


前職が会社員の方や、個人事業主でも、白色申告でざっくりと経理処理

していた人にとっては、法人(会社)での経理処理は、ちょっと敷居が

高く感じてしまうことがあります。


いわゆる「複式簿記」で帳簿を作成する必要があるため、ただでさえ

面倒な数字の処理が、さらに複雑なものになるなあ~  みたいな。


確かに、ある意味複雑なパズルみたいなもの、また、簿記の勉強をかじった

ことのある人はわかると思いますが、「貸方」「借方」なんて考えながら

やってたら、頭の中ぐちゃぐちゃになることもあります。(笑)


もちろん、ある程度の簿記の知識があることが理想ですが、1人会社をはじめ

とする小規模会社であれば、市販の会計ソフトを上手に活用して、簡単な経理

実務上のポイントさえおさえておけば、おこずかい帳をつける感覚で、帳簿一式を

自分で作成することができます。


普通の会社であれば、通常は毎月のお金の出し入れの内容はパターン化

しています。(この日にこのお金を支払って、この日にお金が入るなど…)

最初にこのパターンをつかんで設定をしておけば、その後の処理は

ほとんど機械的に行うことが可能です。(時間を割く必要はありますが)


また、帳簿さえしっかりしていれば、税務申告だけ税理士さんにお願いする

形で、コストを抑えたうえで適正な決算申告まで行うことができます。



なので、最初はできれば自分で経理処理を経験することをお勧めしています。

「そんなことに時間を割いている暇はない!」

こういう時は、税理士さんや会計事務所にまる投げすることもできますが、

まったくわからない状態でまる投げするのと、一度帳簿作成の流れを経験、

理解したうえで依頼するのでは、大きな違いがあります。


経営者として、決算書や帳簿書類は読めるようにしておきましょう。
(必ず役に立ちます。)



このような、会計ソフトを利用した経理処理や、現金管理の方法等

会社の経理の最初の立ち上げなども、たのなか事務所でご指導しています。


うちでは、弥生会計を利用してます。



にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ 人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 

 

福岡の会社設立をサポート



福岡の建設業許可をサポート




同じカテゴリー(会社設立)の記事画像
電子公証システム切り替え
消費税の改正
事務所の賃貸借契約
111111
新社長誕生!
1日会社設立
同じカテゴリー(会社設立)の記事
 電子公証システム切り替え (2012-01-06 08:13)
 消費税の改正 (2011-12-08 12:41)
 事務所の賃貸借契約 (2011-11-30 00:29)
 111111 (2011-11-11 21:11)
 新社長誕生! (2011-09-27 20:47)
 1日会社設立 (2011-07-12 22:41)

この記事へのコメント
うちも弥生です(>_<)
Posted by 式 at 2009年11月24日 21:08
>>式ちゃん
さすが!
できる社長はちがいますな〜(^O^)
Posted by たの at 2009年11月24日 22:21
10年くらい前に大蔵大臣習ったんですけど(;^_^A




活用されなかったなぁ(^o^;




もったいない(笑)
Posted by たこばす(株) at 2009年11月25日 08:14
>>たこちゃん

大蔵大臣で「おこずかい帳」つけてみては?

どっかのFPさんが、

「個人も決算書をつくりなさい!!」

と、力説されてました。(゜o゜)
Posted by たのたの at 2009年11月25日 17:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。